同性愛ナビ

同性愛ナビ

同性愛って・・・

難しい問題

皆さんは、「同性愛」と聞いてどのようなことを考えるでしょうか。一部には同性愛についても理解があり、異性愛者と同様に接することができる方もいらっしゃると思います。しかし、大多数の方は、自らの価値観や先入観によって、彼らに対して一方的に「自分とは違う」イメージを持たれているのではないかと思います。

同性愛は、その定義の仕方が難しく、さまざまな考えが存在しています。イメージされるのは、男性同士または女性同士の間において恋愛感情や性的関係があることでしょう。最近テレビ等のメディアをはじめ、ファッションや美容の方面に「オネエ系」といわれる方々がよく出演されています。

まるで、男性タレント・女性タレントに加えて、オネエ系タレントというカテゴリーがあるかのようです。しかし、オネエ系といわれる方々の中でも、同性愛者と異性愛者のそれぞれが存在しているようです。そのため、オネエ系イコール同性愛者という関係ではないことになります。このことだけでも、同性愛の定義の難しさが分かっていただけると思います。

とにかく日本人は、他人が自分と違うということについて違和感を覚えることが多いです。その違和感のほとんどは、相手を理解していないこと、つまり前述した価値観や先入観によって生み出されたものだと思います。同性愛者が悩んでいないとでもお思いでしょうか。自分の中に他人と違うものがもやもやと存在しており、加えて周囲の他人からも理解されないという環境は、少し想像しただけでも苦しいと思います。

そこで、これから同性愛についての理解を深めていこうと思います。同性愛の歴史や同性愛者の人数などの沿革的な部分から、同性愛がいったいどういうものかを理解し、さらに現在同性愛者を取り巻く環境がどのようなものであるかを説明していきます。

ここでの説明は、同性愛者に優しい社会を作ろうなどという意図から作成したものではなく、一方的な価値観や先入観から脱却するためのものです。ここが同性愛についての理解の一助となれば幸いです。

Copyright (C) 同性愛ナビ All Rights Reserved