同性愛ナビ

同性愛ナビ

同性愛とは

格好・服装

一部には、同性愛者は異性の服装を真似する傾向にあるから、服装によって相手が同性愛者かどうかを見分けることができるといった話が伝わっているようです。これは本当でしょうか。同性愛の定義に争いがあることからもわかるように、同性愛といっても程度があります。そのため、服装だけをみても同性愛者かどうかを見極めることは困難なようにも思えます。

同性愛者と服装については関係がないと考えられています。もちろん、同性愛者の中には異性の服装を真似する人がいるでしょう。しかし、大部分はそうではないようです。これは、同性愛者であっても自分の性を意識することから、異性の服装には興味を持たないと考えられています。

たしかに、同性愛者であるからといって異性の服装を真似するというのは、ちょっと短絡的過ぎると思います。

また、異性の服装はしなくても、露出度の高い服を着ている場合には同性愛者であるということができるという話もあるようです。しかし、これもやはり真実ではありません。先ほどの理由と同様、同性愛というのは服装などの外見に現われるものではないのです。

このような同性愛と服装を結びつけて考える傾向は、同性愛者に対する先入観や偏見から生まれるものでしょう。つまり、同性愛者は自分と異なる存在であり、それを避けたいと考え、簡単に同性愛者かどうかを判断したいと思うあまりに、いい加減な基準を作って満足しているだけでしょう。そのような考えは、同性愛者はおろか、他の異性愛者の方にさえそっぽを向かれてしまうかもしれません。

Copyright (C) 同性愛ナビ All Rights Reserved